PROLOGUE

ヤスダが光っていた頃 双葉社『サッカー批評』18・20号掲載 <ヤスダが光っていた頃>より転載 文●河崎三行

プーマライン、ブルックスライン時代

 東京オリンピックと前後して、古参の安田の他にもミツナガ、オニツカ、モンブラン、タチカラ、ヤンガー、ウシトラ、美津濃といったブランドのサッカーシューズも登場するようになった。これらの靴の中には黒一色であったりオリジナルデザインのラインを持っているものもあったが、涼しい顔をして白い3本ラインを身にまとっている靴が多かった。

 当の安田は68(昭和43)年から、プーマのラインを模倣したシューズも製造するようになっていた。モデル名は〈4‐2‐4〉。ナイロンソールで、取替え式のアルミスタッドを持っていた。ゴム底だけでなく、取替えスタッド用のナイロンソールも、アッパーと固定スタッドソールを一体成型するインジェクション製法も、国産メーカーでの導入は安田が最初だった。アディダス風3本ラインとともに、このプーマ風ラインの靴もその後の安田のカタログを10年ほど飾った。なんとこのモデルの雑誌広告には、誇らしげに『プーマライン』(!)の文字が躍っているのだ。

 安田製品の広告に『プーマライン』のコピーを付けることなどまだかわいい部類で、サッカーマガジン70(昭和45)年6月号における安田の2ページ見開き広告など、右でプーマの商品を、左で3本ラインやプーマラインの安田製品を掲載しているのである。右ページの〈ネッツァー・スーパー〉は11000円。左ページにある、ほとんど外観が同じの〈4‐2‐4〉は4600円。ネッツァーやエウゼビオに憧れながら、値段の高さと先輩の視線怖さゆえ、涙を飲んで安田を買った中高生部員は多かった。

 この頃はまだ、安田がアディダスやプーマのキャラクターラインを真似ても、本家からのクレームはなかった。日本における商標権管理の甘さが、黙認されていた時代であった。そしてアディダスもプーマも、日本市場をまださほど重要視していなかった。

 同じく70年には、70年代末〜80年代前半にアメリカのジョギングシューズ市場において一大勢力であった『ブルックス』そっくりのラインが付けられたシューズも、安田から発売された。その名も〈カテナチオ〉。たとえパクリであるにせよ、時代を考えればずいぶんとマニアックな選択ではあった。

 この頃の安田の貪欲さ、臆面もなさはいやはや何とも、すごい……。