2008年1月アーカイブ

こんばんは

1月もあっという間でしたが、新年早々、「ギャラリー2」さんの店頭販売や
ベースボールマガジン社」さんのオンライン販売をスタート致し
まだまだ至らない点もございますが
温かいメッセージやお電話を頂戴しており、誠にありがとうございます!

さて
ジャージ「クラシカルライン」全色のXSサイズ
いよいよ明日販売スタートとなります

オフィシャル先行発売となりますが
女性やジュニアにお勧めです


2月は
2010年のサッカーワールドカップ予選スタートですね
個人的にも楽しみにしています


まだまだ寒い日が続きますが、何卒ご自愛ください
(c)デスク

寒い毎日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
サッカー日本代表の皆様も合宿に入り、予選開始が楽しみになって来ましたね

さて

YASUDA、2008年のスタートは・・・いろいろ検証した結果
サッカージャージ 【クラシックライン】」の全色を「XSサイズ」で発売することになりました!

身長160cm前後の方にぴったりサイズになると思われ
小中学生の男子女子や、もちろん大人の女性にも!!おすすめです


大胆な色の切り替えしが、意外といろんなコーディネートに合うんです


発売は2/1(金)予定で、着々と制作中!!!
参考画像も撮影出来次第UPして行きたいと思います


2008年もYASUDAをよろしくお願い致します
(c)デスク

新入生が入り、時は過ぎ...
僕らにとっての3度目、
先輩たちにとっては最後の夏の大会・・・。

結果は2回戦敗退でした。
結局この1年間はブロック大会の壁どころか、
2回戦の壁を超えられませんでした。
本当に鬼の様に熱い夏の日でした。

翌日、僕ら2年生は部活が始まる前に先生に教室に集められました。
先生が「この先、サッカー部をどうする?」みたいなテーマで話し出し
「強く」or「楽しく」を挙手制で方針を決めるという踏絵に近い多数決を実施したのです。
勿論、圧倒的多数で「強いチームになる」ということで可決。
この多数決で「楽しく」に手を上げる勇気のあるヤツはいませんでした。

その多数決の日が自分たちの代のスタートでした。
区で3位以内になると出場できる、区大会の次のブロック大会を目指し
猛練習が始まりました。
僕らと同じ時に新任教師として学校に来た先生は常にグランドの中心で笛を吹いてます。
とうとう、我が中学のサッカー部に絶対君主としての顧問が誕生した瞬間です。

今までの「先輩が後輩を走らせる」という不文律はこの日で崩れ落ち
先生の笛で1・2年生が一緒に走るという
それまでの我中学では有り得ない練習がスタートしたのです。

狙うは秋の新人戦。目指せ!3位以内。
「最初の大会で勝たないと次からは苦しい」などと
まるで甲子園出場高校の監督ばりの達観した顧問の意見に基づいて
とにかく、走る。そして、走る。
グランドのトラックで陸上部ばりにタイム走です。
1周400Mのトラックを延々、決められたタイム内に走り続けます。
終ると、一抜けダッシュならず、終わり知らずでダッシュ。
その中から先生が「○○と○○抜けて良し」と言われたヤツから抜けられるという
耐久性を高めるにはピッタリの練習です。
疲れた頃にスクワットが始まります。
1年生の頃の"シゴキ"とは比べ物にならない位の厳しさ。
しかも、目を光らせてるのは先輩から先生に。

「たっぷり可愛がってやるぜー!」なんて後輩ができるのを
息巻いてた待ってた同級生たちもスッカリ疲れ果てて
「集合」をかけずに帰途に着く始末。
後輩たちはゴールデン・ウィークの頃には
僕らをあんなに悩ませていたストッキングを履いてました。

それを「俺たちの頃はよー。」なんて息巻いてやりたいところでしたが
それよりも練習が厳し過ぎて最初25人くらいいた新入生は
結局10人にも満たない人数になってしまいました。
この練習が後に快進撃となるのか、
それとも先輩のシゴキと同じように懐かしい思い出にしかならないのか?
その時は何にも分からず、ただその日の練習が終ることだけを考えるだけの毎日でした。

(つづく)
c 175cm/85kg

僕のポジションは再びストッパーでした。
何故か?
試合当日に本来のストッパー兼控えキーパーの先輩が
「風邪引いた」と自己申告して
サイドバックに移ってしまったんです。
サイドバックなら大丈夫だろ、というこの安易な感じ。
もう理解不能です。
とにかく、僕がストッパー、風邪引きの先輩がサイドバックと決まったのが
試合の1時間半くらい前でした。
そんなことがまかり通っていたんです。

そんなこんなで試合は開始。
早速、僕は相手のセンターフォワードにマークに付きました。
新人戦の時の様に、相手の顔面スレスレまで顔を近づけて
睨んでくることなどありません。
しかし!それ以上の衝撃を随所に受けます。
まず、効果的に手を使ってきます。
ボールをもらう時に僕を突き飛ばす感じ。
腹は立つけど反則になる気配は無し。
というか、今振り返ればそのチームは
ちゃんと理に適った指導を受けているチームだったんですね。
とにかく僕としてはひたすら相手に付いていくのみです。

5分経ち・10分経ち・・・。
完全な相手ペースの試合です。
早くも疲れてきました。
そんな時にカンフル剤がホームの我々に届きます。
声援!しかも黄色い声多数。
おお!なんたる素晴らしさ。
今の時代の様に笛が鳴ったら給水ができるはずもなく
ボールが出て、サッとグランド内の声がやむと聞こえてくるのです。

「これは行ける!」僕は個人的に確信しました。
我がチームは気合が漲り、誰もが戦う顔になってました。
中学生ってヤツはバカな人種です。
しかし、これってプロのサポーターを感謝するのと変らないのかもしれません。

そんなこんなで、試合は膠着状態が続き
なんとか30分(中学の地区大会はこのタイムでした)を0対0で持ちこたえました。
ハーフタイムも先輩たちはチラリとギャラリーに目を配りつつ
「行ける!気合だ!」などと勇ましくチームを鼓舞してくれます。
僕ら1年も完全に雰囲気に飲まれているのでデカイ声で返事。
非常に良い感じです。
僕はと言えば、前半に相手エースに引きずり回されたせいか、
ヘロへロで少しでも多く水を飲むのに精一杯でした。
そして、運命の後半がスタートしました。

あれ?
何かオカシイ。
俺のマークの相手があんな後ろに?
3トップに対して、3バック+スイーパーと非常に分かり易い
状態が後半から変った様です。
勿論、試合慣れして無い我々はパニックです。
まず僕です。マークする相手がいません。
強いて言えば、今で言うトップ下の位置に今までの相手は下がってます。
しかし、ここは理由も理屈もありません。
僕は彼にどこまでもピッタリくっつきます。

そんな僕が出て行った後をスッカリ自由にされて早速1点取られました。
しかし、負けじと黄色い声援を受けた我チームも1年生で一番上手いと言われていて
後にキャプテンになる男が才能の片鱗を見せつけ、1点返しました。
時間は残り10分くらい。
声援はより一層大きくなりグランドまで響いてきます。
何か、今で言う女子バレー的な感じです。

とにかく来たボールは全て前に大きく蹴り出してました。
僕はもう声援を意識している余裕はありませんでした。
そんなこんなで区内の強豪は我がチームを攻めあぐね、
試合終了のホイッスルが鳴りました。

その後、延長戦があったかどうか定かでは無いのですが、
確か、直後にPK戦だったと思います。
観客を意識しまくり、自意識過剰な我がチームは
特別上手い先輩が最初に決めた以外は全部外して敗れました。
ギャラリー達は大いに沸いてました。
悲劇の主人公たちを暖かい拍手で迎えてくれました。

しかし、僕らは悔しかったです。
でも、試合を振り返れば防戦一方で勝てる試合ではなかったです。
まだまだ練習が足りないってことなんだと思いました。
(つづく)
c 175cm/85kg


昨年は皆さまから大きなご声援を頂き、
YASUDA復活の最初の一歩をなんとか示すことができました!

今年も、スタッフ一同精進しながら
更なる商品企画で皆さまからご愛顧頂ける様に励んでまいります。

皆さま、本年も何卒よろしくお願い致します!


ちなみに何とか今月中には
ご好評頂いておりますサッカージャージ「クラシック・ライン」の
品切れサイズ(特に各色XLサイズが品切れ&品薄でしたので)の再入荷&再販売、
初登場となるXSサイズ(主に女性用)の販売を開始できそうです!
正式に販売開始時期が決まりましたらご案内いたします。

こちらの方も何卒よろしくお願い致します。

2009年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。